愚痴


    e27eb6c7058fa6540fee97d64a1b55cc
    587:既にその名前は使われています@\(^o^)/:2016/10/06(木) 15:45:23.27 ID:gH5s/Zcrd.net
    クリタワやヴォイドでカウントダウンするタンクくそうぜえ。
    そのくせカウント終わってから移動始めてるから他の奴にFA取られてふらつかせるし。

    全員揃ったらさっさと始めりゃいいんだよ


    ff_28
    681:既にその名前は使われています@\(^o^)/:2016/09/30(金) 15:37:59.28 ID:li5vQ14m0.net
    吉田がオフ会大好きっ子で、ネトゲ恋愛で嫁みつけた(嫁の名はVogel)せいか
    オフ会の口実になるイベントに積極的だよな

    エオカフェもそうだし、ファンフェス、超会議など
    ライト勢のエンドコンテンツがエオ恋だとよく理解してやがる


    82ab6720
    226:既にその名前は使われています@\(^o^)/:2016/09/30(金) 05:19:57.61 ID:Jpio9SBt0.net
    しかしお前らギルばっか溜めてどうすんだよ?使わなければただの置物だぞ?
    それを零式クリアとかに行かせて早期クリアするとかなら分かるがただひたすらため込んでるだけ

    用途のほとんどないギルばっかためてて理解に苦しむわ


    24aa9b3d
    258:既にその名前は使われています@\(^o^)/:2016/09/25(日) 10:08:11.99 ID:tXNKNbLWp.net
    最近フレとかFCメンに誘われてバハに付き合うんだけど限定解除侵攻4やべえなw
    全然クリア出来ねえ…

    分かってる4人くらいでやるからテロするやつ開始に端っこで寝てていいよって言ったら角立つよなあ…
    天地崩壊で起こすからマジで寝てて欲しいw


    ffxiv_20141115_003504
    959:既にその名前は使われています@\(^o^)/:2016/09/13(火) 01:41:32.75 ID:9J4LoROcp.net
    かなり昔に私怨で粘着晒しされまくってたんだけど、固定入ろうとしたら晒されてたことが原因で断られてしまった
    まぁ逆の立場なら反対してたかもだからしょうがないとは思うけど、やっぱ晒しって行為は悪だと思ったわorz

    ホントありもしないことばっか晒されてて、当時も相当凹んでたけど、久々に晒された事の影響を感じてFF自体やる気なくしかけってしまったわ
    駄文スマソ


    dbb9406d
    336:既にその名前は使われています@\(^o^)/:2016/09/06(火) 16:20:55.43 ID:qr9z98wkp.net
    長文吐き出し
    14やる前からずっと仲良かった人がいた。
    すごい仲良くなったのは14してからだけどいつも一緒で楽しかった
    ずっと姫対応してくれて何でも言うこと聞いてくれたし好かれてるかもって思って自惚れてケンカの度に(主に私のワガママ)ひどい事すごい言った
    それでも許してくれるから調子にのってた

    固定やりたいって私が言いだして彼がメンバー集めてくれたけど私が飽きてしまって抜けた
    飽きたのもあったけど固定のリア女に嫉妬してたのもあったんだよね。
    勿論彼には言ってない
    私は顔文字も使わないし可愛気ない事しか言えないのにその女は顔文字とか文体とか場を盛り上げる力とかあって典型的ぶりっ子だけど彼も懐いてて取られる気がしてむかついた

    違うゲームしたりしてたけど彼はそのゲームしに来てくれてたのにまたつまらない事で怒ってしまってとうとうキレられた
    お前とはもう遊ばないって。
    またゆるしてくれるだろうって思ってまた暴言吐いたけど時間経ってももう無理みたいでそこで初めて謝ったけど許してくれなかったよ

    今は多分その女とラブラブでTwitterもブロックされたし完璧に終わった
    その女彼氏いると思うけどね…
    14復帰してそれなりに楽しく遊んでるけどあいついないとつまらない…
    もっと素直で可愛い女になりたいけど性格上無理だから悔しい


    6d46030b
    499:既にその名前は使われています@\(^o^)/:2016/09/08(木) 23:07:27.79 ID:ESzWPBGh0.net
    60ルレ魔科学多すぎる
    魔科学しかないのかと思うくらい魔科学だらけだ

    あのBGMが流れた瞬間、テンションが50%は下がる

    このページのトップヘ