吉田直樹


    Yoshida-1-920x613
    1:既にその名前は使われています@\(^o^)/:2019/11/21(木) 18:12:20.10 ID:EcOovAT5M.net
    「オンラインゲームは、やたらお金がかかる!」。こんな風に思っている方が、世の中には非常に多い。
    これは一部正しく、一部間違っている、と断言できる。

    一部は正しいわけだから、この理由は間違っていないし、否定もしない。

    しかし、ちょっとだけ待ってほしい。
    一部は間違った認識なので、その認識だけでも、後述の内容を読んでいただき、改めてほしいと切に願う次第である。

    (中略)

    僕が総指揮を執っているファイナルファンタジーXIVは、パッケージを購入すれば、30日の無料期間がついてくる。
    つまり、まずは1カ月、パッケージ以外のお金は一切発生しない。

    そもそも、同じゲームを1カ月も続けてプレイすることは、稀なのではないかな、と思う。

    そして、その1カ月が過ぎると、プレイを続けるために“プレイ料金”が必要になる。これが月額1500円程度。
    ファイナルファンタジーXIVは、「月額課金制」というビジネスモデルのゲームなので、普通にプレイするのならこれ以上のお金は一切かからない。
    強さにまったく関係のない、おしゃれ装備などは一応売っているものの、別にそれを買ったからといって、ゲームが有利になることはない。

    さて、この月額1500円をどう捉えるだろうか。
    昼食2、3日分である。当然30日プレイし放題なので、何時間遊んでいただいても一定料金だ。

    週に3日、一回のプレイ時間が3時間くらいだとすると、1時間当たり42円くらいか。
    1年プレイを続けたとして、1万8000円くらい。
    飲み会に3回参加するくらいの金額である。
    これを、「やたらとお金がかかる」と思う人は、あまりいないだろう。


    webマガジン&M:人がオンラインゲームをプレイしない理由