オフ会


    2cc855c8
    224:既にその名前は使われています@\(^o^)/:2017/03/13(月) 22:59:02.31 ID:ImjqN7WK0.net
    俺超田舎者だからオフとかありえんのだけど、好意ある人とオフになったときにしまむらやユニクロで来る人いるの?

    普通に出会っても服や清潔感は気にするだろうし


    cc904b0d
    317:既にその名前は使われています@\(^o^)/:2017/02/20(月) 22:28:17.48 ID:3p2+7Ce70.net
    FCで初めてオフ会をいた
    FCには可愛いメスッテ白ちゃんがいて、みんな白ちゃんのことを良く思ってた
    白ちゃんがわがままいっても可愛い可愛いで受け入れて、白ちゃんが悪口を言う♀プレイヤーのことを
    白ちゃんが言ってたことをそのまま全部信じてしまって、♀プレイヤーがどんどん減っていってた
    白ちゃんをいじめる♀なんてイラネと思ってた

    ある時、とうとうFCでオフ会をすることになった
    白ちゃんも遠くからわざわざ参加してくれることになって、男共はみんな喜んだ


    2df3e9b4
    1:既にその名前は使われています@\(^o^)/:2017/01/15(日) 19:42:12.233 ID:a+OjV1Zn0.net
    某ネトゲのオフ会に参加したくて、企画した人に「実は中学生です、それでも参加したいのですが大丈夫でしょうか?」
    って勇気を出して確認したら参加不可だった…

    仕方ないって諦めたんだけど、オフ会あった翌日にメンバー複数人から「まじで中学生だったんだw」的なチャットがとんできて弄られた
    せっかくカッコイイ役回りだったのに台無しで悲しい
    どうすればいい?


    CigqKrEUUAAgt_d
    948:既にその名前は使われています@\(^o^)/:2016/11/19(土) 18:06:31.58 ID:UCKqIPSx0.net
    かなりの大人数LSでオフ会をしたら、女の8割が40歳~50歳の間だったわww
    初オフ会だったから衝撃だった
    マジでこのゲームの女ってほぼほぼオバチャンしかいないんだなw
    あとの1割が30代で1割が20代って感じ

    お前らの好きな相方も、リアルで会ってないなら覚悟しといた方がいいぞw


    ss14012832
    196:既にその名前は使われています@\(^o^)/:2016/09/04(日) 14:15:20.64 ID:NrjsaAZHd.net
    自分は30歳のおっさん
    ゲーム内限定での疑似彼女のつもりだったんだが
    エオ彼女も含めて仲の良いメンバー数人でオフ会したら、その時にリアルでも交際したいって言われて当然断った
    もちろん疑似彼女ってのは建前で『めっちゃ美人だったらリアル発展もいいな』って下心があったのは否定はできないし
    相手が同じ下心を持っていても責める事は出来ないのはわかってる

    だが歳は相手も今年30
    顔は美人でもブスでもない普通、体型も普通、外見は全てが普通、普通なのが売りですって感じの女性
    もう少し良い女性との出会いも繋がりもあるので交際相手としはナシ
    ただエオ彼女はドン引きするくらいグイグイ迫ってきた
    間違いなく結婚前提の交際申し込み
    即断即決でお断りした
    「エオルゼア限定での交際だったよね」とも諭した

    しかし彼女の態度は豹変
    その場で泣き出すわ、みんなのいる場所に戻っても泣き出すわ
    しまいには土下座して「交際してください、交際してください」って地面に頭打ちながら足に縋りついてきて周りもドン引き
    なんとかその場は別れる事が出来たけど、携帯にはメールラッシュにLINEラッシュ、ゲームにインするとテルの大洪水
    更には交際してくれないなら仕事やめるに、自殺宣言に、ストレスで病気になった宣言
    更には休日にいきなり家に突撃された、オフ会メンバーで騒ぎになる前に連絡先や住所を交換していたので
    新幹線で何時間もかけてやって来たらしい…
    当然家には上げずデートと言う形で駅までエスコートしてお帰り願った
    そんな関係が三ヶ月も続いた

    ようやく次のお相手をエオルゼアで見つけたようで、こちらには吹っ切ることにしたと宣言が来て沈静化
    しかしその相手と上手くいかなかったようで、最近またテルからメールやLINEでエオルゼア内だけで良いから復縁しようと洪水がはじまって
    良いぞもっと狂えとニヤニヤしてる自分に気がついた

    このページのトップヘ