×
×

    希望の園 エデン


    20190323114106
    1:既にその名前は使われています@\(^o^)/:2019/03/24(日) 16:57:55.39 ID:nEU9UqEcr.net
    ──高難度レイドのキャラクターデザイナーに野村哲也さんを起用することが発表されました。
    野村さんに声を掛けた理由と、場内のファンの反応を見たうえでのいまの感想をお聞かせください。


    吉田
    哲さんは、魅力溢れるキャラクターを描くことと、キャラクターを通して設定や世界観を考えることにかけては天才だと思っています。
    オンラインの『FF』に、そうしたエッセンスがなかなか入ってこない現実に、いち『FF』ファンとしても忸怩たる思いがありました。
    哲さんはものすごく多忙な方でもあるので、どこまでやれるのかという問題もあって……。
    そんな中にあって、『FFXIV』の3周年を記念してイラストを描いていただいたりと、ちょこちょこ仕事をお願いしてはいました。

    “希望の園エデン”というタイトルで新しいレイドを作っていくときに、キーになるキャラクターが何人かいるのですが、その中で主軸になるひとりを描いていただきたいという話を、昨年の夏くらいにお伝えしました。
    その結果、「たぶん大丈夫だよ」というお返事をもらっていたのですが……すごくたいへんな作業だったみたいです(笑)。

    ですが、最終的に見事に描き切ってくれました。
    これは装備にも言えることですが、哲さんならではの色気を『FFXIV』で再現するためにモデリングを調整していくところは、我々にとっても刺激になります。
    お客様の視点から見たときに、若い世代の『FF』ファンは哲さんの絵になじみが深いので、そうした方々にそこでまた興味を持っていただいて、引き続き『FF』のテーマパークとして楽しんでもらえたらなと。


    https://www.famitsu.com/news/201903/24173704.html


    20190323113956
    1:既にその名前は使われています@\(^o^)/:2019/03/23(土) 19:13:44.07 ID:QYbJ91iid.net
    野村哲也氏が『FFXIV: 漆黒のヴィランズ』の高難度レイド“希望の園 エデン”のキャラクター&ボスデザインを担当!

    2019年3月23日~2019年3月24日の2日間、幕張メッセで開催される『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)の大規模ファンイベント“ファンフェスティバル 2019 in 東京”。
    初日の開幕ステージで行われた基調講演に、本作のプロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏が登壇し、『FFXIV』の次期拡張パッケージ『ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ』の続報を発表。
     
    大迷宮バハムートから始まり、次元の狭間オメガ……。そして、『ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ』の新たな高難度レイドコンテンツは、“希望の園 エデン”であると発表。
    同時にイメージアートと、キャラクター&ボスデザインを『キングダム ハーツ』シリーズなどの制作を手掛ける野村哲也氏が担当することも発表された。

    https://s.famitsu.com/news/201903/23173673.html