ffxiv_20200219_012934_579



「忘却の此方 ~希望の園エデン:共鳴編~」の歌詞を公開します!
https://jp.finalfantasyxiv.com/pr/blog/002960.html



こんにちは。宣伝の中村です。
Patch5.2が実装されてから早くも1か月が経ちました。皆さんは「希望の園エデン:共鳴編」をプレイされましたか?

今回は、共鳴編4層で流れる「忘却の此方 ~希望の園エデン:共鳴編~」の歌詞をご紹介します!

742df760588ba2ea37519a6117c6d040



<< Return to Oblivion/忘却の此方 ~希望の園エデン:共鳴編~>>

Wanting, I lie
Too weary to die
Too lost to the ice for saving
My sins claim me, untame me


明日が欲しくて、横たわる
磨り減りすぎて死ねず
凍てつきすぎて救われず
過ちが私から理性を奪い、あるべき姿へと解き放つ


Eyes wet with tears
Her song in my ears
Broken, faded, how long have I waited
To open my wings?


溢れる涙が瞳を覆い
耳に残るは彼女の歌声
傷つき、色あせながら、どれほど待っただろう
この翼を広げる瞬間を


Turn the light on
And let her in. Won't you
Turn the light on
Turn the light on
You'll never win 'less you
Turn the light on
Turn the light on
The pain won't end 'till you
Turn the light on
The soul longs for oblivion, oblivion


光を灯して
彼女をここに、さあ
光を灯して
光を灯して
願いは決して叶わない
光を灯さなければ
光を灯して
その痛みは終わらない
光を灯すまで
魂はなお、忘却の彼方に憧れる


Falling too far for the fear to embrace me
A voice from the past screaming there is no end (no)
A slave to my fate, ever doomed to repeat this
again and again and again and again (yeah, I'm)


恐怖すら私を抱けないほどの彼方に落ちていく
過去からの声が「終わりはない」と叫んでいる(そんなはずない)
運命の虜となり、この過ちを繰り返す
何度も何度も何度も何度も(そうだ、私は)


Falling too fast, no it won't overtake me
A voice from the past echoes loud like a drum (oh, yes)
no more goodbyes, though my heart is still aching
Now open my eyes, one more time, Here I come


落ちるのが速すぎて、恐怖さえも追いつけないだろう
過去からの声は鼓動のようにうるさくこだまする(ああ、そうだ)
心は疼き続けているけれど、さよならはもういらない
さぁ目を見開いて、もう一度、行きましょう!


Reason resigned
Dark seasons' design
Spring's promise of sun is honored
When winter's weighed down on us


自然の理は捻じ曲げられ
闇の季節が到来する
いつか眩き太陽が昇る――そんな春の約束は
冬が私たちを押し潰した後に果たされる


Visions in white
Raw fury in flight
Clear as diamond, yet fragile as ice
My heart is racing


純白に包まれた幻想は
無垢な怒りとなって空に羽ばたく
ダイヤモンドのように澄みながら、氷のように脆く儚い
私の心も駆けだしていく


Turn the light on
And let her in. Won't you
Turn the light on
Turn the light on
You'll never win 'less you
Turn the light on
Turn the light on
The pain won't end 'till you
Turn the light on
The soul longs for oblivion, oblivion


光を灯して
彼女をここに、さあ
光を灯して
光を灯して
願いは決して叶わない
光を灯さなければ
光を灯して
その痛みは終わらない
光を灯すまで
魂はなお、忘却の彼方に憧れる


Falling too far for the fear to embrace me
A voice from the past screaming there is no end (no)
A slave to my fate, ever doomed to repeat this
again and again and again and again (yeah, I'm)


落ちるのが速すぎて、恐怖さえも追いつけないだろう
過去からの声は鼓動のようにうるさくこだまする(ああ、そうだ)
心は疼き続けているけれど、さよならはもういらない
さぁ目を見開いて、もう一度、行きましょう!


Falling too fast, but the fall will not break me
A voice from the past echoes loud like a drum (oh, yes)
no more goodbyes, I am tired of waiting
Now open my eyes, one last time, Here I come (yeah I COME)


どんなに速く落ちたって、私は砕けやしない
過去からの声は鼓動のようにうるさくこだまする(ああ、そうだ)
さよならはもういらない、もう待ってはいられない
さぁ目を見開いて、最後にもう一度、行きましょう!(私は行く!)