ffxiv_20190713_100418_907



Gamerによる5.1吉田Pインタビュー話題に
https://www.gamer.ne.jp/news/201910250001/



――パッチタイトルの「白き誓約、黒き密約」とは、やはりハイデリンとゾディアークを指すのでしょうか?

吉田氏:ハイデリンとゾディアークという存在に、さらに深く切り込んでいくのは、もう少し先になります。語るべき人が一旦消滅しているのが今の状態です。ちなみに、パッチタイトルは今回、結構悩みました。白と黒という色を使ってしまって大丈夫か? という話から始まって……。「蒼天のイシュガルド」「紅蓮のリベレーター」「漆黒のヴィランズ」と色絡みできてしまったので(苦笑)。後は「NieR」シリーズの曲のタイトルに似た曲名があったりするので、そこに上手くはめた形となりました。「白き誓約、黒き密約」の意味はプレイしていく中でわかってくると思います。




《この話題への反応》

・一旦!? いったんって何!!???

まて、エメトセルク復活するぅうううう?????

・やっぱ死んでない気がするんだよなー。
私の予想だとラハブレアも生きてる。

・エメトセルクなのか、ミンフィリアなのか

weblio辞書より
1.一時的に。ひとまず。
2.ひとたび。一度。
3.仮定の条件を示す意を表す。もし…となれば。そういう事態になれば,もとの状態に戻ることが難しい意を込めていう。
1の意味ならエメおじ蘇生ワンチャン?
3の意味なら葬式出すしか゚゚(ノД`゚)゚。


・ワンチャンの可能性と、語り手としての立場の人がいない状態‥どちらとも。

・エメトセルク復活は無いとは言い切れない感あるよね

これが復活フラグとなるのか、それとも新たな語り部が登場するのか……
でもこの言い方復活臭くないか……?