auto-draft-124



5.0ジョブ調整についての吉田Pインタビュー
https://kotaku.com/final-fantasy-xiv-director-talks-class-changes-music-1838148771



記事によると
今回は特定のジョブ間のシナジー効果を減らすことに注意を払いました。
それを意識しすぎて1つの要素が極端なシナジー効果を引き起こしてしまうのを防ぐために少し極端な調整になってしまったのではないかと感じています。

忍者はその代表です。
調整自体はアイデンティティを低下させるほどではなかったと思いますが、騙しのバランスを取ろうとして忍者自体の攻撃を少し下げすぎたかもしれません。
攻撃と同時に印の組み合わせを必要とする高レベルの忍術もプレイフィールが悪かったとお詫びします。

パッチ5.1では忍者、侍、召喚士に大きな調整が入ります。
もちろん他ジョブに対しても微調整を行います。


※一部文章を修正







記事によると
踊り子とガンブレイカー、この2つのジョブについては非常に良いフィードバックがあり、大きな不満や否定的な意見はありませんでした。

現時点ではこの2つに対して大きな調整を加える予定はありません。
これは調整を全く行わないというわけではなく、必要に応じて細かい調整は入れるかもしれません。