47926453747_14aa3821d3_b



週刊ファミ通2019年7月4日号より



【現状について】
・有料会員数は今の時点で過去最高時を越えた
・欧州DCはパンク状態。2ワールドが新たに追加
・日本でもひたすら右肩上がり状態

cc3b2a66



【5.0ジョブについて】
・踊り子はステップが理解できれば操作自体はすごくシンプル。プレイヤーの腕前に応じて極端な差が生じないように調整してあり万人が触って楽しめるジョブ
・ガンブレイカーはちょっとテクニカルで手が忙しいが慣れると味が出るスルメジョブ

FFXIV_PUB_FANFESTIVAL_2019_PARIS_09



【5.xシリーズコンテンツについて】
・5.xストーリーはそこまで明かしていいのか、このままではゲームが終わってしまうぞ!というくらいの焦燥感に駆られるかも
・とあるボスを登場させようとしたとき野村哲也さんならどう解釈するか、と考えたのが5.0レイド開発での起用のきっかけ
・イシュガルド復興ではシーズン制に近いギャザクラのランキングを予定。上位には称号や特別な道具などの報酬が貰えディアデム諸島も絡めたりする。開始はパッチ5.1から
・ロールクエストでは闇の戦士が登場し、タンクはブランヘルツ、キャスターはナイユベール、ヒーラーはララミ。ファイター系はミコッテ族のジャ・ルマレ
・5.0の次のアプデに向けてサークル(仮)を開発中。FCやLSよりもっと凄くユルいコミュニティをつくる機能。あいこめラジオを視聴するサークルがあったとして、エントリーを申請、するとリーダーから「何月何日に行います」という通知がきたりする。スタッフには発信者への対応が面倒なのでチャット機能も不要と伝えてある

20190323114106



【ゴールデンボンバー・喜矢武豊さんインタビューについて】
・ファンフェスに参加したのは記念マウントのSDSフェンリルが欲しかったから
・ファンフェス自体は事前知識のないまま行って、2日とも参加した
・FF14歴は1年前くらいから。ゲームを遊ぶ地元の友達に誘われたのがキッカケ
・最初は知らない人とマッチングするのが怖くてひたすら「初見です」と言っていたが、その後「不慣れです」に変えていった
・経験を重ねるごとに不安よりも面白さが先に来るようになった
・最近は野良PTでの零式にハマっている
・FCを作ってロドストで募集をかけたこともあった
・好きなジョブは忍者
・種族はララフェルでチャラい見た目をしている
・オルシュファンも好きだが、一番のお気に入りはタタルでSSを撮って擬似デートもしている

xwkituykxriqzlfgnout



【ファミ通で連載中の吉田の日々赤裸々について】
・吉田の日々赤裸々コラムは今回を含めてあと4回で一旦終了
・理由はいくつかあるが大きな要因は業務過多
・いずれ復活させたいと思っているが、誌上かどうかは分からない

71swRyX2FzL



※マイディーさん企画記事やゴールデンボンバー・喜矢武豊さんのインタビューなど内容全文はファミ通本誌をご覧下さい。