47926453747_14aa3821d3_b



[E3 2019]漆黒のヴィランズモデルのハードウェアトークンは近日中に登場。「FFXIV:漆黒のヴィランズ」吉田直樹P&Dにインタビュー
https://www.4gamer.net/games/199/G019924/20190614028/



【現在のユーザー状況について】
・漆黒のヴィランズの予約状況は、前作比でほぼ倍増し
・これ以上望むとバチが当たるかなと思うくらい良い状況

sabthm



【ロスガルとヴィエラについて】
・ロスガルは、ガンブレイカーのジョブクエストでかなり関わってくる
・ヴィエラについては、ヴィエラ族が守っている集落があるのでそこで掘り下げられる
・ヴィエラ族の集落はちゃんとゲームの中にフィットさせる手は打ってあり、ロア的なものや生活などが知りたいなら是非足を運んで欲しい

2019_PARIS_21



【イシュガルド復興について】
・イシュガルド復興にはランキングの概念を入れる予定
・ランキングはフィーストのようにシーズン制に近い形で細かくやっていく
・ランクインして専用の称号や専用の光り輝く主道具が欲しいという人は、レベルカンストして装備も徹底してすごく難しいレシピに挑んで……ということをやる必要がある
・ガチ勢だけが毎回ランキングに入るということになってしまうため、一度でもランクインしたら卒業という感じにする
・イシュガルド復興というエリア使った遊び自体には、バトルしかやっていない人やレベルがそこまで高くないギャザクラも参加できる余地をちゃんと作っている
・復興券を購入してクジを引くといった要素があり、それを買うことで復興に貢献できたりクジが当たればリワードが貰える
・ある程度復興が進むとシーズナルイベントみたいなものが不定期に行われ、そこに参加して報酬を得ることも可能
・ワールドごとに進捗があるという仕組みなので、どこのワールドよりも先に自分のワールドを復興させるといった遊び方もできる
・別ワールドのイシュガルドでフェスが行われているらしいからそっちに行ってみようというのも可能
・ディアデム諸島をリニューアルしてそこにくっつける予定もある

fff10



【ギャザクラについて】
・マイスターシステムはそのままで特にいじっていない
・第一世界とエオルゼアの時差はないので、ギャザクラの皆さんは安心して欲しい

CTdnnoVUcAIbhbK



【ハウジングについて】
・ハウスの土地数を増やす予定はまだない
・ただ我々の想像を超えるスピードで新規や復帰プレイヤーが増えているので土地を増やさないと限界かなとも感じている
・5.0が落ち着き次第、それがどれくらいのタイミングで可能なのかを見ていく予定
・現在いるワールドから他ワールドの土地空き状況を調べる仕組みは無理
・家具や庭具の設置上限を増やすということもしばらくはない
・マーケットボードの家具化は複数設置されるとサーバーが落ちるので難しい、庭にベルを置けない理由も同じ

lu1LdrF



【アーマリーチェスト枠について】
・ギャザクラとかも含めるとアーマリーチェストに余裕がないのは分かるが、通信量の問題がある
・枠は増やしてあげたいという思いはあるが、現状のプレイヤーの増加を見ているとハウジングの土地追加と切り離してやらなければならないため順番に対応していく形になる

4c4a3510526d447fdcbc20a5ee44bda513ce02



【強くてニューゲームについて】
・5.0に登場するバトルも含めてすべてシンクされる

DyZCIohV4AAIsr8



【その他】
・紅蓮の冒険録はアーリーアクセスの開始に合わせてのリリースされ、既存のLv60ブーストが廃止されLv70ブーストに置き換わる
・漆黒のヴィランズエディションのハードウェア・トークンが7月2日にスクエニe-STOREで発売される
・吉田P完全監修の左手用キーパッドはアナログスティックのように入力でき、PS4でも動作確認はしたので使えるかも

EfmN96EUqasUwvyN92peG0rMMw