002_o



5.0メディアツアーから判明した「フェイス」情報まとめ

029 (1)


【キャラクターについて】
・ストーリーに関わったことや、IDに行くときの心情に合わせたセリフをNPCが喋り、キャラ同士の掛け合いもある
・普通にプレイしてすればものすごく優秀に動いてくれる
・NPCたちはだんだんと合流していき、連れていけるキャラはダンジョンごとに違う
・プレイヤーがどのロールでもちゃんとPTバランスが取れるメンバーがそれぞれいる
・メインクエスト終了後、過去IDにフェイスを連れていく場合も全員は連れていけない
・メインストーリーをクリアしたあとのフェイスは、“育成モード”に突入してNPC全員がレベル70になる。これはあくまでサブジョブを上げるときに一緒に育てれば同時にレベル80になれるというもの

003_o



・サンクレッドがどこでガンブレードを会得したかという話も途中で聞ける
・ミンフィリアらしき少女は双剣士
・ヤ・シュトラは黒魔道士のスペシャル版である“魔女”というジョブ
・こちらのエモートに対してフェイスNPCが反応することはない

002_o



・独立した思考を持つ仲間とIDに行っているという感覚にするため、フェイスに命令機能は存在しない
・命令を入れないぶん性格づけを徹底していて、ミンフィリアやヤシュトラはプレイヤーが主役と思っているのでLBは撃ってくれない。逆にアリゼーは主人公と並んで歩きたいキャラなので積極的にLBを撃つ。ウリエンジェやアルフィノは恐ろしいスピードで蘇生してくれて、ウリエンジェはひたすらカードをくれる

004_o



【システムについて】
・まとめ狩りには対応していない
・2人パーティ+フェイス2人には対応していない
・経験値はプレイヤー同士で行ってもフェイスで行っても変わらない
・ソロ+フェイスの場合は宝箱から装備品が出る確率が4分の1になっている(通常の宝箱からは装備品以外のアイテムが出る)。ただ、最後のボスの装備品だけは確実に手に入る

010_o (1)



※ソース元
『FFXIV』拡張パッケージ『漆黒のヴィランズ』でのジョブ調整のコンセプトを訊く! 吉田直樹P/Dインタビュー
「FFXIV: 漆黒のヴィランズ」プロデューサー吉田直樹氏インタビュー
『FFXIV: 漆黒のヴィランズ』メディアツアー吉田P/Dインタビュー。フェイスや5.0ジョブ調整の真意に迫る
新しいバトルバランスで何が変わるのか。「FFXIV:漆黒のヴィランズ」メディアツアーで吉田直樹P&Dにインタビュー




「フェイスシステム」実機動画