D2YjdaaWkAAK2e9




20190324100327

20190324100359

20190324100446

20190324100516

20190324100607

20190324100637

20190324100741

20190324100851

20190324100927

20190324101040

20190324101142


補足
・FF15コラボはそんなには難しくないが、クエストを終えるだけではマウントは入手できない





20190324105352

20190324105349

20190324105404

20190324105456




織田万里さんのスペシャルトークセッション

20190324101408


Q.仕事内容を教えてください
A.世界設定班兼シナリオチームの肩書きを持っている。ありとあらゆる設定、監修、命名、フレーバーテキストの執筆、原案、プロットなどを担当


Q.シナリオを作るにあたってインスピレーションを受けた作品を教えてください
A.歴史、伝承、小説、映画などどんな話にするかによって変わる。ナマズオ蛮族のクエストを担当した時は、内田百間の阿房列車からインスピレーションを受けた


Q.オススメ作品を教えてください
A.影響を受けた作品は「シャルルマーニュ伝説」、ネールの武器はここから出てくる


Q.特に印象深いシーンを教えてください
A.4.3のアルフィノのなりきりバトル。良いサプライズになったんじゃないかな。ナマズオ蛮族では画面が四分割するシーン、カットシーンはエフェクトを使って映し出していてキャラが映っているところはキャラを暗黒空間に置いてそれを映し出している。ドマ式麻雀にカットーシーンを入れるのはこの技術を使えば可能


Q.メインクエを考える時の合宿はどのようにするんですか?
A.都内の窓がホワイトボードで封鎖されるような貸し部屋で3日ほど篭って合宿する。基本的な動線やコンセプトを決めていく


Q.今のハイデリンはどのくらいヤバイのか
A.誰の視点に立つかによってヤバさが違うしそもそも世界自体が結構不安定。いよいよ5.0で確信に迫っていき、正しさとは何なのかが出てくる


Q.ルイゾワは何故5年後にヒカセンを飛ばしたのか
A.明確に5年後と指定して飛ばしたわけではない。混乱が落ち着いただろうというタイミングを咄嗟に考えたんだと思う。その5年の間の時間の解釈はそれぞれにお任せします


Q.エウレカの実装計画は前からあったのか
A.バル島の設定は前々から出そうと思っていたが、エウレカというコンテンツでネタを使おうと思ったのはアドリブ


Q.5.0シナリオの執筆はどのくらいまで進んでいるのか
A.進捗は8割9割終わっていると信じたい。今細かいところを潰しているのと確認作業。ボイス収録は全て終わっている


Q.エスティニアンの中に竜の血は混ざっているのか
A.エスティニアンには厳密には竜の血は流れていない。竜の眼からエーテルを引き出して戦ってる事の比喩表現。キャノン砲を壊せたのは蒼の竜騎士としての力とニーズヘッグの力を引き出したから


Q.NPCに誕生日の設定はあるのか
A.担当する人によって決める人と決めない人がいる


Q.他タイトルにFF14キャラが出る時は監修しているの?
A.世界設定班として監修している。最近だとDFFOOにリセとパパリモが出ていてあっちの開発チームがかなりのヒカセンでお礼をしたほど


Q.ルガディンの幼少期の姿が気になります
A.過去にトライしようとしたがコストが限られていて1体ずつしか作れず子ミコッテ、子アウラに負けてまだ作れていない


Q.吉田Pが過去にアドリブでアウラの愛情表現は角をすり合わせることと言っていたがこれを公式設定にする予定はある?
A.じゃあ今公式設定にします


Q.オメガ武器に書かれた文字はどういう意味?
A.別の惑星の言語かもしれないし、ボスを再現しようとした時に学んだ言語かもしれない。どこの言葉かは想像に任せる


Q.世界設定班的にCFはどう解釈しているのか
A.真面目に考えすぎるのは危険、追体験くらいにしか考えていない


Q.マイチョコボはどこから来てどこへ帰還しているのか
A.これも真面目に考えすぎるのは危険、それぞれの解釈次第


Q.西の大陸に青魔道士が行けていたがいずれ行けるの?
A.簡単に行けるのかと言われると行けず、強烈な理由や相応の準備がないと行けない


Q.ギムリトダークで帝国戦力がかなり強く見えたが、こちらを攻め落とさないのには理由があるの?
A.とんでもないジャンプをする竜騎士やフレアを出す黒魔道士がこちらにいる。帝国がエオルゼアを攻め落とせないのは帝国が魔導兵器でようやく互角か少し上回るというパワーバランスだから。強みは兵数の多さ





20190324110230

20190324110223

20190324110220

20190324110237

20190324110238




お知らせ

20190324105100

20190324105137