007 (1)

  

レイドやパッチ3.4について

Cv7pZJdVIAAemlk

・アレキ天動編に関しては「天動編はこれで良いんだ」と考えてリリースしたので後悔はない
・竜騎士がボスのターゲットを取り、2層をタンクなしの構成でクリアしていたのは驚いた
・4.0のレイドは今回くらいに落ち着けて、たくさんの人たちにクリアしてもらおうと考えいる
・占星術師を使う人が増加したことにより、占星がいた時のDPSの伸び方は格段に違っている
・新式装備の需要が少し短いという意見が出ているのは認識済み、しかしその辺りの調整が難しいところ
・新式装備をもう一段階強化するような遊びがあれば、もしかしたら需要ももう少し長くなるのかも



メイン・サブストーリーについて

4ff87758

・「THE FAR EDGE OF FATE」のほうの“果て”の部分に当たる“EDGE(際)”という意味にフォーカスしている
・さまざまな人やもの、状況が重要な選択を迫られた時にどちらを選ぶのか、というのは今回のテーマ
・イダとパパリモ、この二人のバックボーンについてもパッチ3.5で掘り下げられていく
・今後も「暁の血盟」に関わる人々のバックボーンは掘り下げられていく予定
・ユウギリは今回それなりに活躍する
・アラミゴや、鉄仮面卿に絡んだ物語も進んでいく
・今回のメインストーリーはパート1とパート2に分かれて実装
・「闇の世界」ラストのカットーンが今でもトラウマ、光の戦士がネロたちを置いて真っ先に走り出してしまう場面は今でも修正したいくらい後悔している
・事件屋クエスト、聖アンダリム神学院記は3.5で完結。ヒルディは今後も制作する



鬼神ズルワーンや蛮神について

006

【鬼神ズルワーン】
・ギミックのテーマは「はないちもんめ」
・バームクーヘンみたいなステージが最終ステージなのかも含めて、今回も新しいことをやっている
・真ズルワーン討滅戦」はいつもくらいの難易度でワーワーしているうちに倒せる
・時間というより、戦力がカギで極女神ソフィア討滅戦よりも難しい
・ズルワーンは天動編1層のリファビッシャーと作った担当者が同じ
・報酬は武器

【プロトアルテマウェポン】
・プロトアルテマ戦がパッチ3.5xで実装
・報酬はアクセサリー
・これまでのコンテンツの特定の場所が入れ替わってプロトアルテマ戦になるようにしてある
・難易度は日本ファンフェスで体験できたプロトアルテマ戦と同じくらい

【その他】
・3.xシリーズの蛮神マウントをコンプリートすると「鳳凰」というマウントが入手できる
・パッチ3.5で極ニーズヘッグまでトークン99個で鳥マウントを交換できるように調整
・ソフィアの鳥マウントはドロップ確率だけ少し上げる



影の国 ダン・スカーについて

007

・“禁忌都市マハ”はプレイ時間が若干長く感じたので、今回は少し縮め
・マハと同じくらいの難易度だが、IL上限が上がらない分、クリアタイムがガンガン縮まるという感じはないかも
・空中戦あり地上戦ありと、今回もかなり凝っていて歯ごたえがある。3ボスはかなりワイプするかも
・トレーラーの映像の最後に出てきたのがスカアハ、剣を持ったサキュバスのような敵はボスではない
・ディアボロス、フェルディア、スカアハは今回ですべて決着がつく
・ウィークリー型のクエストが実装、ヴォイド・マハ・ダンスカーをクリアで聖典強化素材が貰える(3.55から)
・アラガントームストーン:聖典の取得制限も毎週900個まで拡大、取得制限拡張は5月14日よりも少し早いかも
・ダンスカー装備のILは260ですか……?→吉田P「肯定も否定もしません(苦笑)」



インスタンスダンジョンについて

012

・3.5のIDは3.4の難易度と同じくらい
・敵をまとめることもできるし、1グループずつでも苦労せずクリアできる
・バエサルの長城では歴代FFに出てきた魔導アーマーなども登場
・魔導城プラエトリウムのような8人向けのインスタンスダンジョンはもう作らない
・バエサルの長城の途中に邂逅編4層らしいシュチュエーションも



ワールドの垣根を越えたパーティ募集について

004 (1)

・鯖間PT募集のブラックリスト機能は3.5で、フレンド登録はおそらく4.0
・フレンド機能はPT招待やTellなどにも対応する
・FCやLSなど、さまざまなものを徐々にワールドを越えて対応させていく予定
・プライベート募集のパスワードは、数字のみ
・ワード検索機能もあり



アニマウェポンについて

5kPdDbR

・アニマウェポンのアップデートはあと2回、3.5が本命で3.5xでのおまけも
・AW制作に伝承はもう使わないはず
・今回完成する武器はゼータのエフェクトよりも凄く、史上最高に派手
・アラグの絶霊油と硬霊性岩の入手難易度が3.5で緩和
・ゾディアックやアニマで行ってきた“コンテンツを巡る”という系統は“もういいかな”とも思っている



雲海探索ディアデム諸島について

002

・初期の空島ではゴリラの定点狩りばかり、IL設計の間違え、ギャザの入口がなかったなど大反省している
・次の空島では“スポイルをあといくつ集めればIL260装備のクジ引きができる”という部分を明確なゲームルールがある
・同時に、モンスターからのドロップも期待できる味付けになっている
・島全域を対象にFATEと似たものが発生していて、ボーナスやスポイルが入手できたりも
・全空域に対して、非アライアンス形式のイベントが存在し、それが発生したら、“皆さんで話し合ってください”という形に
・そのイベントは最低でも4パーティが参加しないとギミックが突破できない作り
・イベントは4つのPTが同一のダンジョン内の別々の場所に向かい、“ドア”の前で待機。全員が所定の配置に着くことではじめてボスが潜む“ドア”が開かれるみたいな感じ
・いつ起きるのか、条件は存在しますがイベントの詳細は秘密
・マップの構造は以前の空島と変わりないが、内部でやることは全く違う
・ギャザラーで新たな素材を採集することもできる



PvPについて

663

【ザ・フィースト】
・パッチ3.55でシーズン3が終了した後に新マップが投入
・今後ランクマッチはふたつのマップから基本的にランダムで選ばれるようになる
・マップを増やすのは最大でも5種類まで

【フロントライン】
・今後はシールロックのルールに則ったアプデが実施

【4.0以降】
・『紅蓮のリベレーター』向けの大規模PvPを現在開発中
・この大規模PvPは双蛇党vs黒渦団vs不滅隊ではなく、ふたつの勢力による新しいゲーム
・巨大な兵器などを駆使して戦っていく形式に
・『紅蓮のリベレーター』以降は、もう一段遊びやすく、アクションの調整やLv60でしか参加できない制約などを調整



ジャンピングポーションについて

2afddc75

・フォーラムなどの意見を見つつ、実装するかどうかの最終決断を1月中くらいに出したいと思う
・4.0より前に入る可能性は絶対にない、入れたら間違いなく大炎上する
・韓国でもスキル格差とかの議論はあったが、リリースしたらほぼ問題なかった
・実装するとしたら2.55と3.5xクリアのポーション2つを用意して、2段階で選べるようにするかも
・ポーションを使用するとそこまでのIDは全てクリア済みになる



その他

20170106173112

・3.5シリーズは「3.5パート1」「パッチ3.55」「3.5パート2」の3回に分かれている
・蛮族エクストラストーリーは3.xの蛮族クエストクリアで解放、報酬には新たなエモート
・4.0でもう一段階、バディチョコボのレベルが上がるかも
・ゆくゆくはバディを使った遊びをメインで入れたいと思っている
・エギミラプリはパッチごとにミラプリできる種類を増やしていく
・オシャレ系のレシピが追加
・エフェクト付きの光るギャザクラ主道具はアチーブメント報酬
・オルシュファングッズはこれからはあまり増えないと思う
・ファンフェスの応募倍率は10倍近かった
・FF14のリアル性別の比率はほぼイーブン


ソース元:http://www.4gamer.net/games/278/G027835/20170111004/
http://www.famitsu.com/news/201701/12124568.html
http://game.watch.impress.co.jp/docs/interview/1038527.html
http://www.gamer.ne.jp/news/201701120005/