profile1.jpg

ジャンピングポーションの実装意図について

005 (2)

この「ジャンピングポーション」の実装意図は、第一に今から新たにFFXIVのプレイを開始する“新規プレイヤーがコミュニティに合流しやすくするため”というのが最大の理由となります。

例えば吉田がリアルの友達を「一緒にプレイしようぜ!」と誘う場合に、返ってくる答えが
「え、今からプレイしても追い付けないじゃん……」となるのは目に見えています。
もちろん誘った以上は、吉田も友達を追いつかせるためにフルサポートしようと思いますし、そのために一緒にパーティを組んで遊びますが、自分も最新コンテンツの波に乗り遅れたくありません。
そうなると、どこまで手厚くサポートできるか、不安が残ります。

いっそ、一気にレベル60にでもなってくれれば、サブジョブのレベリングをしながら友達に付き合い、一緒に「紅蓮のリベレーター」をプレイできるのになあ……

簡単に言えば、これが最も強い実装の意図になります。



ジャンピングポーションの種類について

ffxivhaltingddownload

① ストーリースキップポーション
→メインストーリーの進行度のみを「クリア済みにする」ポーションで、メインクエストのみをショートカットするもの

② ジョブジャンプポーション
→1ポーション1ジョブに対応した、ジョブのレベルを引き上げるポーションです。
「ナイトの冒険録」「戦士の冒険録」といったように、ジョブ単位にポーションが用意されており、ひとつ使えばすべてのジョブのレベルが上昇するわけではありません。
※紅蓮のリベレーターで実装する新ジョブは、非対応とすることは確定しています。



ジャンピングポーションの詳細仕様

3edcdc4e4b6d8a1eea0a7db618767448

ストーリースキップポーション「新生の冒険録」
① メインクエスト「希望の灯火」がクリア済みとなり、メインクエスト「イシュガルドへ」が受諾状態となる
② 出身国に応じたグランドカンパニーに自動入隊となる(階級は最低のまま)
③ マイチョコボを自動所持した状態となる(名前は汎用名が付与される)
④ 新生編のすべてのエーテライトが開放済みとなる
⑤ パッチ2.55までに実装されているすべてのインスタンスダンジョンがクリア済みとなる
⑥ 宿屋などで使える「冒険の回顧録」は、クリア済みのものまで全開放となる
⑦ 最低限必要な機能開放クエストのみ一部クリア済みとなる

ジョブジャンプポーション「ナイトの冒険録」(例としてナイトを用います)
① ナイトのベースクラスである「剣術士」のクラスレベルが50になる
② ナイトのサブクラスである「斧術士」のクラスレベルが15になる
③ 一定アイテムレベル(韓国版ではIL120)の剣が支給される
④ ナイトのジョブストーンが支給される
⑤ ナイトのレベル50までのジョブクエストがすべてクリア済みとなる(アクションも所持)
⑥ 装備資金として30万ギル相当のトレード不可アイテムが支給される
⑦ 装備交換用として「シルバーチョコボの羽根」が複数枚支給される



紅蓮のリベレーターサービス開始時の変更点(確定仕様のみ)

010

・ストーリースキップポーションが「蒼天の冒険録」となる(「新生の冒険録」を残すかは議論中)
・「蒼天の冒険録」はパッチ3.5 Part2の最終クエストクリア済み、4.0メインクエスト受諾状態となる
・「蒼天の冒険録」は拡張パッケージの権利を持っていないと購入できない
・ジョブジャンプポーションの効果がレベル60となる(50になる効果は中途半端なので無くします)
・ジョブジャンプポーションで配布される装備がレベル60相当に変更される



想定されうるデメリット

20150406215122

・既存プレイヤーと新規プレイヤーのプレイスキル格差
・お金で体験や経験を買われたような感覚になる



【仕様まとめ】

1210-2-1

ケース1.現在新規にFFXIVを始める方が、一緒に遊ぶ友達に一気に追いつこうと思った場合
① キャラクターを作成し、アカウントを有効化する
② 任意のジョブジャンプポーションを購入して当該ジョブをレベル50にする
③ 拡張パッケージ「蒼天のイシュガルド」のプレイ権利を付与する
④ 「新生の冒険録」を購入して使用する
⑤ 費用合計約5000円(パッケージやプレイ料金を除く)
これでレベル50となり、蒼天編のメインクエストがプレイできるようになります。
ここからは友達と一緒にレベル60を目指し、蒼天のシナリオを進めていくことになります。

ケース2.現在新規にFFXIVを始める方が、効率良くシナリオを進めようと思った場合
① キャラクターを作成し、アカウントを有効化する
② 任意のジョブジャンプポーションを購入して当該ジョブをレベル50にする
③ メインクエストをどんどん進める
④ 費用合計約2500円(パッケージやプレイ料金を除く)
この場合、メインクエストをどんどん追いかけていくことで、物語をスタートから体験しつつ、
サクサクと冒険を進めていくことができます。

ケース3.現在新規にFFXIVを始める方が、レベリングだけ楽しもうと思った場合
① キャラクターを作成し、アカウントを有効化する
② 拡張パッケージ「蒼天のイシュガルド」のプレイ権利を付与する
③ 「新生の冒険録」を購入して使用する
④ 費用合計約2500円(パッケージやプレイ料金を除く)



まとめ
現在も吉田はこのポーションの実装について、前向きではありますが、悩んでいる最中です。
しかし、恐らく紅蓮のリベレーターの後、さらにその次の拡張パッケージまでには、確実にこのサービスを開始することになるだろうと予測しています。

現在のゲーム市場は、短い時間でゲームにアクセスでき、手軽にプレイでき、いつでも止められるという、ある意味MMORPGとは真逆のスタイルがトレンドになっています。

だからといって、MMORPGをそのような形にするつもりはありませんが、新規に始める方が、一人でも多く皆さんと一緒に遊べるように運営努力するのも、我々の仕事となります。

ぜひ、このポストをお読みになり、色々なお声をお聞かせください。
いずれにせよ、決断は吉田の責任を持ってさせていただきますが、ぜひともよろしくお願いいたします。
また、ご質問がありましたら、そちらもお寄せください。またポストさせていただきます!

45f411f32e7000708cfa98e5767688d8

※詳しくはソース元をご覧下さい。
公式フォーラム:http://forum.square-enix.com/ffxiv/threads/296102