a56d2a09

  




海外のPCゲーム専門情報サイトPC Gamer
「The biggest MMO failures in history」という記事を紹介。

海外サイトが選んだ、ゲーム史に残る失敗を経験したMMOとは?


FINAL FANTASY XIV

ff

2009年のE3で電撃発表され、その翌年にはもう発売されたファイナルファンタジー14だったが、
とても2010年のMMORPGとは思えないようなユーザーインターフェイスとレスポンスの悪さ、
退屈なゲームデザイン、魅力のないフィールドなど、
スクウェア・エニックスのイメージを地の底まで落とし、
ファイナルファンタジーシリーズの終焉ではないかと言われるほどの失敗作だった。

現在プロデューサーの吉田直樹氏ですら
初めて旧FF14を見た時はその酷さに驚愕したと語っている。

月額課金制だったが、ゲームのあまりの惨状に一時的に無料化され、
開発チームも見直されて、「新生エオルゼア」としてゲームを作り直すことになった。
同時に旧FF14の改善も行われた。

一度ゲームサービスを終了させ、同じ世界でストーリーを継続させつつも、
あらゆる部分を見なおして「新生」させ、
地に落ちていた人気も回復させるという離れ業をやってのけたことは、
海外の多くの業界関係者を驚かせた。


MMO史に残る失敗と復活劇の両方を経験したFF14は稀有な存在だと言える。


Kultur:海外サイトが選んだ「ゲーム史に残るMMOの失敗」 10選


旧FF14OPムービー



新生FF14OPムービー