pljm80075_640x360

  




集計対象のベースとなるアクティブキャラクターの判定基準は以下の通り。
•Lodestoneキャラクター検索でレベル21以上
•前回(8/9)の調査から、HPに変化がある(増えても減ってもかまわない)
•前回(8/9)の調査から、ミニオン、マウント所持数が変化している(増えるだけだけど)
•前回調査では居なかった新規キャラクター
•マウントの所持が1体以上(※今回追加)


アクティブキャラクターは77万、蒼天キャラクターは46万

blog0176

・蒼天のイシュガルドのシナリオに進んでいるのは46万キャラクター。前回38万から+8万。
・パッチ3.1のメインシナリオをクリアしているキャラクターになると、20万キャラクターと半減する。


ワールド別シナリオ進行状況

blog0176

・パッチ3.1のメインクエストをクリアしているキャラクター数の多い順にランキングしている。
・1位はNAリージョンの大都会Balmung。全体的に人口ボリュームが大きい。
・2位にはJPのShinryu、3位はChocoboと続いている。


機工城アレキ零式踏破状況ワールドランキング

blog0176

・やはり、ダントツでChocobo(JP)ワールドが839で1位。
人口の少ないワールドでは、挑戦人口自体が少ないので零式への挑戦自体が難しく、Chocoboへワールド移転したプレイヤーも多い。
運営も、そこまでプレイヤーにさせてしまった難易度を反省して、次回の律動編では難易度を下げるという発表があった。こうやって数字にしてみると、なるほど納得の偏りだ。

・2位はBahamut(JP)の306。1位とは2倍以上の開きがある。
3位はCarbuncle。4位にGaruda(JP)となっているが、ワールド統計では対アクティブ比でランキングしていて、そこでは2位になっている。
対アクティブ比でみると、Atomos(JP)やTiamat(JP)も健闘している。


詳しい情報などはソース元をご覧ください。
【Lodestone国勢調査】ワールド別統計更新!(1/9)