e64276e4
    877:既にその名前は使われています@\(^o^)/:2020/02/11(火) 00:59:01
    ルレリドアナ増えてきたな


    81974822_1261405297403584_4103115357186435162_n


    3eaee815
    158:既にその名前は使われています@\(^o^)/:2020/02/15(土) 07:35:25.50 ID:PJS/zGmI0.net
    日本語おかしい繊細ヤクザが現れてんな


    男性キャラクターのドレス着用について
    今までプレイしてきて、一度もフォーラムへ書き込んだ事がないのでフォーラム内の文化等無知の為失礼があった場合すみません。
    タイトル通り男キャラのドレス着用なのですが、2B衣装の時も嫌だと思えどジェンダフリーだからと我慢していましたが次々と実装していくつもりのようなのでお願いをしに参りました。

    正直な所一般男性としては男性がドレスを着る姿を見て、例えゲーム内の3Dキャラと言えど見るのも不愉快、屈辱に感じます。
    しかしながら実装は決定しているようなので撤回は難しいと思いますし、今後も幅を広げていくには必要な事と思います。

    そこでご提案なのですが、どうしてもあの装備の見た目を見たくない等は個人によって大きく別れる為、以前より同じような提案はされていると思うのですが個人の設定で他人のミラプリを制限するようなシステムを作っては貰えませんか?
    システムそのものの充実はなくてもいいので嫌だと思う装備を一ヶ所でも(裸含む)している人は個人登録で弾いて初期装備に強制変更といった対応をお願いしたいです。
    もし不可能でしたら、出来れば今後ドレスを男性着用可等は控えて頂ければ幸いです


    公式フォーラム:http://forum.square-enix.com/ffxiv/threads/414439/


    DZY7AW_VQAA1mjd
    228:既にその名前は使われています@\(^o^)/:2020/02/14(金) 12:57:00
    PT募集一覧で見掛けるお店一度も行った事無いけどどんな感じなん流れ的に
    コミュ障が行くには敷居が高そうだけど


    46ec398f
    906:既にその名前は使われています@\(^o^)/:2020/02/14(金) 12:40:05.15 ID:0wH8hwkmd.net
    よかったな次の絶5.4以降だってよ


    2
    424:既にその名前は使われています@\(^o^)/:2020/02/15(土) 08:44:21.24 ID:j2UxZ8Xh.net
    フォーラムの雑魚の意見を聞きすぎてどんどん簡略化横並びで戦闘がつまらなくなっていく


    EJeqaAvWsAEyWUu
    939:既にその名前は使われています@\(^o^)/:2020/02/14(金) 14:38:57
    外人より日本人のが高難度好きなんだな


    ――「絶アレキサンダー討滅戦」について現在のクリア率は教えていただけますか?

    吉田氏:  クリア率は今までも発表したことがないので、今回も伏せさせてください。でも、これまでに比較すると、クリア率は非常に高いです。簡単になった、というお声もみかけますが、プレーヤーの皆さんの練度が成長し続けていることと、5.0でどのジョブもかなり取り回しがしやすくなったからではないかと考えています。ジョブを使う難易度が下がっているので、クリアしやすくなっていると感じるんだと思います。絶アレキサンダーについては、やはり初期攻略か、そうでないかはかなり差が大きいですね。今回は特に過程を重視したレイドでしたので、ワールドファーストレース終了後に攻略し出した固定は、早期クリアとは難易度が格段に異なります。クリア率は、相変わらず日本がダントツのトップです。日本の方はみんなものすごくレイドが好きですね。


    ――日本が一番多いんですか?

    吉田氏:  零式踏破もそうですが、びっくりするくらい国別比率が高いですね。


    ――どうして日本人はそんなにレイドが好きなんでしょうか?

    吉田氏:  買ったゲームは隠しボスまでやる!という文化が元になっている気がしますが……。海外の人たちは、買ったものや遊んでいるものに対する価値は自分で決めるという感じですが、日本ではほかの人達もやっているなら自分もやらないと損をした、という気分になるという傾向があります。これは良し悪しではなく、そういう生活習慣というか、風土だと思います。あの人がここまでやれているなら、自分もそこまでやりたいという風になるし、そこに面白さがあるから、一緒にやろうぜと周りを誘うんです。アメリカなどでは、俺は俺、あなたはあなたという文化ですから、やりたいのでヘルプしてくださいと言うとすごく丁寧にサポートしてくれるけれど、向こうから熱心に誘うということはあまりやらないので、そこの差かなと思います。



    GAME Watch:「FFXIV」パッチ5.2「追憶の凶星」吉田直樹氏インタビュー


    20200215135231